買取と売却では、どちらが「早く」売れますか?

不動産買取と、仲介による不動産売却とを比較する場合の大きな違いとして、売却までの期間が圧倒的に差が出るのが特徴です。

どちらが早いのか、その答えに影響するのは、両者の売り方の違いです。

仲介では、仲介会社を通して、広く一般の個人客に対し物件広告をし、それに対するリアクションを待つことになります。そのため、売却まで早くて3ヶ月、場合によっては1年以上を要します。成約後も買主のローン審査期間が必要な場合には、さらに時間がかかります。

これに対し買取では、直接買取業者が購入するのでその場で売却の可否を判断することができます。

支払いに関しても、常に資金や融資枠が準備されているため、入金までの待ち時間がありません。買取ならば、売主・買主双方が合意すれば、最短3日~1週間程度での売却も可能なのです。

より早い方法を選ぶならば、不動産買取がおすすめです。不動産買取MAXならばその物件の特徴に合った、最も物件価値を活かすことが可能な業者を紹介してもらうことができます。

買取を選べば、スピーディーな引き渡し・現金化が実現できます!

こちらの記事もおすすめいたします。