不動産買取仲介について

不動産買取とは、業者が不動産を購入し、土地や建物の特徴を生かして加工・再販売を行うことです。

売却との違いは、個人に売ることが「売却」、業者に売ることが「買取」です。双方にメリット・デメリットがありますので、物件の状況に適した方法で売りましょう。

不動産買取に適したケース

ご希望の売却条件や物件の状況により、売却よりも、買取の方が良いケースがあります。

それぞれの業者で得意とする分野があり、例えば中古マンション買取を専門に行いリノベーションして再販するのが得意な業者がいれば、土地を買い取って建売住宅を建築するのが得意な業者もいます。

中古マンションを手早く確実に売却したいのに、後者のような建売業者に話を持っていっても、得意分野ではないため、高値での買取は難しいでしょう。前者のような中古マンション買取業者に相談すれば、そのマンションの価値を最大限に引き出す加工方法を知っているので一番高く買い取ってくれるのです。

不動産買取とは、不動産を売却したい場合ですぐに売却を希望する場合、もしくは一般的な仲介でなかなか買い手がつかなかった場合などにぜひ検討していただきたい売却方法です。

そもそも「仲介」とは?

仲介とは、最も一般的な不動産の売却方法です。売主が不動産会社と媒介契約を結んで仲介を依頼し、買主を募集するための広告宣伝活動を行い、買主を探し出して契約に結びつけます。

しかし媒介契約を結んだからといって、売却が約束されたわけではなく、条件の良い物件でなければ1年以上販売活動を続けることも珍しくありません。そのような意味において、仲介は「より高く物件を売りたいけれど、すぐに売る必要はない」という方に向いている売却方法と言えます。

これに対し不動産買取では、その物件を確実に買い取って転売ができる業者に直接販売交渉を行うので、最短3日での売却も可能なほど、販売がスピーディーです。

また、買取と仲介が比較される点の一つに「広告活動の有無」が挙げられます。仲介では、買主を募集するために、インターネットや折込チラシ、情報誌などへの物件情報記載を避けることができず、いつの間にか近隣の方に売却をしられてしまう可能性があります。買取であれば、売却先が買取業者に限定されるためそのような公共での広告活動は必要ないので、人に知られる心配がありません。

双方の売却方法による違いは、そのほかにもいくつか挙げられます。それらを確認した上で売却を開始しましょう。