任意売却のご相談も承ります

当社は任意売却も多くの実績があります。

住宅ローンの返済にお困りの際、場合によっては「任意売却」という方法で解決した方が良いケースもございます。当社は、この「任意売却」でのご相談も可能だということが、他社にはない大変大きな強みです。お話を伺ったうえで、お客様にとって、より適した解決方法をご提案することが可能です。

「自分にとって、何が一番良い解決方法なのかすら、わからない」という場合も、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。具体例をご紹介しながら、詳しくご紹介いたします。もちろん、お問い合わせのみでも全く問題ございませんので、お気軽にご相談くださいませ。

任意売却とは何ですか?

住宅ローンの返済が困難になった際に、各金融機関との合意に基づいて、融資対象の不動産を処分するための手続きのことを「任意売却」と言います。

「任意売却」の仕組み

不動産の購入時、住宅ローンの契約を結んだ機関は、不動産に「抵当権」と呼ばれる権利を設定しています。これは、融資の担保として、返済が滞った場合の「保険」としてお客様が購入された不動産に設けられる権利です。

実は不動産は、この「抵当権」がつけられたままだと、売却できない仕組みになっています。そして、「抵当権」を解除するためには、住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。

この時、比較的新しい物件だったり、人気エリアの物件である場合は、買い手が見つかりやすいため、買取や売却仲介を利用して、残債を一括返済できる場合が多いです。

しかし、物件状態や市場ニーズとの適応性、タイミングなどによっては、残債を下回る金額でしか売れる見込みのないケースもあります。

本来であれば、残債を下回る金額でしか一括返済できない場合、「抵当権」を解除することは不可能なため、売却することは出来ません。

しかし、債権者との交渉を行い、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権を解除してもらう方法が「任意売却」です。抵当権解除後は、一般的な不動産市場へ売りに出し、売却分と残債の差分を返済していきます。

成約スピードは不動産買取の方が圧倒的に早いです

ご契約後、最短3日でスピード入金
「任意売却」を行う物件は、一般的な不動産仲介市場に物件を流通させます。そのため、物件を気に入ってくれるお客様を「待つ」必要があります。

それに対して、「不動産買取」は、買取業者が直接買うため、挙手した時=売却成立となります。最短3日で現金化が可能なため、もし買取価格で残債分すべてを補えるのであれば、「不動産買取」のご利用をおすすめします。

任意売却と競売とは何が違うの?

競売は、債権者が裁判所へ申し立てることで強制的に不動産を差し押さえられ、売りに出されることを言います。どんな状況であっても、所有者の意向は反映されず、直ちに立ち退かないといけません。そして、その事態が近所の方の目にも入ってしまうため、多くの人に知れ渡ってしまいます。様々な場面において、生活への影響は大変大きいのが、競売です。

しかし、任意売却は「交渉」を行いながら、問題を解決していく方法です。引っ越しに関しても、一定期間の猶予を与えてもらえる場合も多いですので、一見普通の引っ越しのように、物件を手放すことが可能です。

任意売却後の債務はどうなるの?

任意売却成立後は、一括返済しても届かなかった残債分を分割返済していきます。その金額は5,000円程からも可能ですので、月々の負担が大きく減らすことができます。

不動産買取or任意売却、どちらが良いかの判断も当社へご相談くださいませ

不動産の売却方法は、物件の状況や立地によって変わってきます。また、住宅ローンをすでに滞納している場合や、今後滞納の可能性があるか、などによって、判断するポイントが異なってまいります。そのため、お客様ご自身で何を選択されるかは、非常に難しく、場合によっては誤った判断をしてしまう可能性もあります。

当社では、不動産買取・任意売却、どちらのご相談も承っておりますので、お話を伺った上で、より適切なご提案を差し上げることが可能です。

具体的にアクションを起こす前のご検討段階でも構いませんので、疑問・質問などございましたら、どのような内容でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

こちらの記事もおすすめいたします。