既存不的格物件を売りたい

「既存不適格物件」という言葉を聞いたことがない方も多いかもしれません。既存不適格物件とは、建築当時は合法的な建物であったものの、その後の法改正や都市計画変更などにより、規制に適合しなくなった物件を指します。例えば、接道義務違反、容積率・建蔽率オーバー、市街化調整区域内に指定された場合などが、不適格要因にあたります。

そのまま居住しているぶんには問題なく、罰金の支払いや取り壊しの必要もありませんが、問題が生じるのは、いざ建て替えや増改築を検討する。という場合です。売却も可能ではあるものの、既存不適格物件であることを告知しなければならないこと、売主が購入後に建て替え・増改築を行うのが難しく、住宅ローン融資も受けにくくなる、といったデメリットがあるため、売却価格はかなり安価となってしまい、それ以前に買い手もつきにくくなります。

そこで相談したいのが、既存不適格物件も購入対象とする不動産業者への買取相談です。このような物件でも再販売ができるように調整を行い、不動産を眠らせずに活用していくノウハウを持っています。「既存不適格だから売れない」「仲介では売れずに困っている」と諦めずに、不動産買取MAXへご相談ください。

不動産買取MAX・買取エージェントサービスの流れ

img_flow