再建築不可物件の買取

再建築不可物件を買い取って欲しい

再建築不可物件は売却しづらく、とても難しい建物です。たとえ立地が良く、購入したくても、住宅ローンが適用できないケースも多い、すなわち買い手が見つかりづらい実情がございます。

住宅ローンが適用できない理由。それは、金融機関から「再建築不可」ということが理由で資産価値を認めてもらえず、一般的な不動産同等に扱うことを拒否されてしまうからです。

住宅ローンが使えないとなると、一括払いで購入できるお客様を探すしかありません。しかし、居住用物件をお探しの方々の多くは、住宅ローンを使って購入されることがほとんどです。つまり、不動産仲介業者へ相談しても解決へ至らないことがほとんどです。

再建築不可物件を手放せる唯一の方法。それは、買取業者へ打診することです。

ただし、すべての買い取り業者が再建築不可物件を求めてはいませんので、専門の業者を探す必要があります。

再建築不可物件専門の業者への買取依頼をいたします

不動産買取MAXでは、再建築不可物件を次のような業者へご紹介し、価格交渉まで行っています。

  • リノベーション専門の買取業者
  • 大胆なリフォームが得意な業者
  • セルフリフォーム OK の賃貸物件として展開したい業者
  • 一時的にそのまま保有し、将来周辺の土地もまとめて購入して新たな不動産として活用したい業者

また、場合によっては、個人投資家の方、あるいは私共が直接買い取れるケースもございますので、まずは一度ご相談下さい。

再建築不可物件の買取が見込める代表的な例

次のような物件の場合は、想定以上の価格が引き出せる可能性がございます。

  • 交通の便が良く、立地の良い再建築不可物件
  • 賃貸需要も高いエリアの物件
  • 隣接した土地に空きが出る可能性のある物件

再建築不可物件の買取が難しい例

内容により、買取が不可能な場合もございます。大変申し訳ございません。代表的な例は以下のとおりです。

  • 過疎化したエリアに建つ再建築不可物件
  • 賃貸需要がない地域の建物
  • お客様が仲介同等の価格をご希望されている場合

再建築不可物件は、なかなか高値が付きづらいのが正直なところです。

しかし、毎年払い続けている固定資産税や清掃のストレス、家族親戚との揉め事など、再建築不可物件を所有していることで価格以外の問題点がウエイトを占めることを考えると、価格にこだわらず、早めに手放されることをおすすめいたします。

 

よくあるご相談内容

親から相続した家屋があります。私は活用する予定がないため、売りたいのですが、再建築不可という理由で売ることが出来ずに困っている。固定資産税がそれなりにかかっているので、経済的にも不安を抱えていますし、家が現在の住まいから遠い場所にあるため、定期的に草刈り等にいかなけばならない点もストレスを感じている。何とかならないでしょうか。

現在、結婚して都内に住んでいます。京都にある実家が再建築不可物件なので、安くてもいいからすぐに買い取ってほしいです。家は両親が他界してからは、荷物もそのまま。誰も住んでいないまま、7年も経ってしまいました。今すぐに家の様子を見に行ける距離に住んでいないため、同一エリアの不動産業者にも相談できず困っています。この先もマメに足を運ぶことができないのですが、それでも買い取っていただけるのでしょうか。

今後、空き家問題などが深刻化し、再建築不可物件の買取がますます難しくなっていくことが予想されます。もし今すでにお困りの場合は、価格にこだわりすぎず、早めにご相談されることをお勧めいたします。

「まずは、売れる売れないかだけ聞きたい」と言ったご相談でも構いませんので、是非一度ご連絡いただければと思います。

私どもは再建築不可専門のサイトの運営しており、再建築不可物件特有のお悩み事を熟知している自負がございます。いかなるご相談でも、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。