ローン解約とは

住宅の売買というと、不動産業者を仲介しての個人の方への売買が一般的ですが、その売買契約に関して「ローン解約」というリスクが存在しているのをご存知ですか?

物件代金の支払いが現金であれば問題ないのですが、多くの買主は住宅ローンを利用します。その場合、まずは手付金を支払い、不動産売買契約を締結後に、決済・ローン実行となるわけですが、購入者の属性や過去の金融履歴などにより住宅ローンの借入が承認されないケースがあるのです。

そのような事態のために、売買契約には「ローン解約」の事項が盛り込まれており、ローンの決済ができない場合、契約時に預かった手付金を全額返還して、契約は白紙解約されることになります。

不動産業者が直接買い取る「不動産買取」では、最短3日での売却も可能で、買取業者側では常に資金を準備しているため、決済にも時間はかかりません。

これに対し個人の方が対象の仲介では、契約までに最短でも3ヶ月、長ければ1年以上かかり、ようやく契約したと思っても、ローン解約という事態になれば、販売活動も白紙に還ってしまうのです。

このような長い時間と労力をかけたくない、または、すぐにでも売却する必要や、不動産を現金化する必要に迫られている場合には、不動産買取業者による買取での売却をおすすめします。