建蔽率とは

土地を購入して建物を建てよう、という時に必ず確認しなければならないもののひとつが、その土地の「建蔽率(けんぺいりつ)」です。建蔽率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を指しています。

この割合が決められている理由は、敷地内に一定割合以上の空き地を確保しておくことで、日照や風通し、避難経路を確保し、防火対策を可能とするためです。

都市計画区域内では、地域ごとに用途が制限され、それぞれに建蔽率が定められています。例えば150坪、建蔽率50%の土地ならば、150坪の50%、つまり75坪の面積の建物を建築可能である、ということになります。

土地を購入してそこに建てる住宅をデザインする場合には、この建蔽率をしっかりと守ったうえで、間取りのほか建築主が希望する条件を全て盛り込む必要があります。

不動産買取業者には、それぞれに得意とする分野があります。容積率が低く建てられるものが限定される場合や、容積率が高く大きな建物が建てられる場合などは、いかにその土地の価値を引き出し最大限に有効活用するのかなどそこに建てられる建築物を的確にプランニングすることにより高い買取価格を提示することが可能になります。