瑕疵担保責任とは

売買契約には「瑕疵担保責任」の事項が必ず盛り込まれています。

これは売却後にも売主にアフターフォローの責任がある、という内容であり、引渡し後の定められた期間内に発生した物件の不具合や欠陥について、売主に修復の義務が発生します。

例えば主要な木部に腐食が見つかったり、給排水設備の故障や、構造上の問題なども対象となるケースがあり、せっかくマンションや一戸建てを売却できて、その代金が振り込まれたとしても、結局多額の修繕費用が必要になってしまった、ということにもなりかねません。

かといって、中古物件を販売する前にきれいにリフォームする費用を捻出するのも大変です。

この瑕疵担保責任の問題を解決できるのは、不動産買取です。

業者に直接売る場合は、通常瑕疵担保責任は免責として取り決めをします。そのため万が一売却後に不具合が見つかったとしても、業者が修理をして再販売を行うことになり、売主はアフターフォローを心配する必要がありません。念のため、契約の際には、忘れずにこの事項について確認をしておきましょう。

瑕疵担保責任を負いたくない、など、様々な事情がある物件を手放したい場合は買取が適している場合があります。一度検討してみてはどうでしょうか。