中古一戸建て業者

一戸建て住宅専門の買取業者に対し、価格交渉が出来ます。

不動産買取MAXのミッションは、一戸建て買取業者へお客様の物件をご紹介し、少しでも高く売れるように価格交渉を行うこと。

また、ひとつの業者ではなく、複数の業者と商談を行い、まるでオークションのように価格を競っていただきます。その結果、お客様に喜んでいただける価格を引き出すことが可能になるのです。

不動産買取は安値にしかならないことが、これまでの定説でした。しかし、私たち独自のネットワークにより、従来より高い価格のお取引を実現。物件によっては、売却仲介に迫る価格になることも。少しでも高く売りたいなら、ぜひ私たちにおまかせください。

また、私たちが提携している中古戸建の買取業者は、専門性が高く誠実なビジネスを行っておられる優良企業のみを厳選いたしました。

買取業者に家を売る時は手数料や相談料はかかりますか?

買取価格当社へお支払いいただく買取仲介手数料
800万円超仲介手数料無料¥0
400万円超800万円以下正規仲介手数料(※)の半額
400万円以下正規仲介手数料(※)

※正規手数料とは宅建業法に基づき、算出される「成約価格の3%+6万円+消費税」となります。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。手数料に関するご質問のみでも喜んで承ります。


当社の買取業者ご紹介システムをご利用のお客様は、仲介手数料最大無料・相談無料で承っています。

売却仲介と異なり、物件価格に準じた多額な費用をご用意いただく必要はございません。この点も買取の大きなメリットだと言えます。ぜひお得にご活用ください。

たとえば、広い敷地に建てられた大きな一戸建て住宅は仲介で売ると物件価格が高騰するため、その分、仲介手数料も高くなってしまいます。

しかし、買取なら広くて物件価格が高い一戸建て住宅の取引が成立した場合でも、買取価格が800万円を超えれば手数料は一律無料。物件価格に準じて、どんどん高くなる心配はいりません。

買取成立時の手数料を詳しく見る

築年数が古い一戸建て住宅でも買い取ってくれますか?

はい。築年数が古い一戸建てほど、買取に適していると断言できます。

なぜなら、買取業者は大胆なリフォームやリノベーション、もしくは解体後に再建築することを前提として一戸建て住宅を買い取っていますので、築年数が古い家ほど、喜んで買っていただけます。

たとえば、築50年近い長屋住宅や、先祖の代から受け継いだものの自費で修繕を行いきれていないボロボロの家屋、シロアリ被害が起きていて柱に穴が開いている家でも、まったく問題ありません。

買取なら瑕疵担保責任が発生しません

売買契約には「瑕疵担保責任」の事項が必ず盛り込まれています。

瑕疵担保責任は「売却後にも売主にアフターフォローの責任がある」という内容で、引渡し後の定められた期間内に発生した物件の不具合や欠陥について、売主に修復の義務が発生します。

例えば主要な木部に腐食が見つかったり、給排水設備の故障や、構造上の問題なども対象となるケースがあり、売却成立後にその物件代金が振り込まれたとしても「結局多額の修繕費用が必要になってしまった」ということにもなりかねません。

しかし、中古物件の販売前にリフォーム費用を捻出するのも大変です。

この瑕疵担保責任の問題を解決できるのは、不動産買取です。

業者に直接売る場合は通常瑕疵担保責任は免責として取り決めをします。そのため万が一売却後に不具合が見つかったとしても、業者が修理をして再販売を行うことになり、売主はアフターフォローを心配する必要がありません。念のため、契約の際には、忘れずにこの事項について確認をしておきましょう。

瑕疵担保責任を負いたくない、など、様々な事情がある物件を手放したい場合は買取が適している場合があります。ぜひご検討くださいませ。

一戸建ての買取相談はこちらから

買取に向いている一戸建てとは?

室内の修繕をほとんどしていない古い家

室内の修繕を一切行なっていない一軒家は、売却よりも買取の方が適しています。

売却市場に流した家は居住用住宅を探されているお客様が内覧しますので、室内に古い印象を与えてしまうと「買いたい」と思ってもらえない傾向があります。

かといって、ご自身リフォームを実施するのは莫大な費用がかかるうえ、必ず売れる保証もないためお勧めいたしません。

しかし、買取なら業者が一戸建て住宅を解体、もしくは大規模リフォームをして販売しますので、室内に修繕ができていない物件でも問題なく買い取ってもらえます。

築40年以上経過しているような古い一軒家


家を探されている方は、築年数をとても気にします。これから長く住んで行かれる居住用住宅を探されているケースが多いため、やはり古い物件は良い印象を与えにくいです。

例えば耐震面の問題や、今後発生する維持費などを気にされる方が多く、良い立地にある物件だとしても契約しづらい側面があります。

しかし買取なら、業者が様々な工事を施工しますので、築年数が古い物件でも問題なく買い取ってもらえます。たとえば、「築年数40年」と記載している物件は問い合わせも入りづらい傾向がありますので、思い切って解体して新築物件を建て直して再販売します。

あるいは、買取業者は自社で工事を行えるため、大規模なリフォームやイノベーションを実施し、室内が綺麗なお得物件として再販売を行います。

借地権が付いた家


借地権付きの家は不動産仲介業者が、家を買いたいお客様に対してあまり積極的にご紹介しづらい物件の一つです。なぜなら、土地の所有権は地主様(底地権者)にあるため、お客様の資産にならないからです。

その理由は、地主様に対して支払う賃料や権利の問題が大きいです。

借地権住宅を売りたいお客様ならご存知だと思いますが、地主様に借地権代を支払う義務がありますので、住宅ローンとは別に毎月の支払いが発生します。賃貸物件と同様に、更新年という来年があるのも借地権の特徴で、その際に借地権代が値上げされるケースもあります。

このように、権利問題がつきまとうため、売買市場ではあまり積極的にご紹介しづらい物件になります。

しかし買取なら、借地権付きの住宅でも問題なく買い取ってもらえます。地主(底地権者)に交渉した上で建物を賃貸物件として再活用したり、新築アパートを建てて活用するケースがあります。

また、場合によっては底地権ごと買い取り、業者が土地の権利者となって新築物件を建てて販売する場合もあります。

いずれの場合も、買取業者は借地権の利用方法をよくご存知ですので、喜んで買い取ってもらえます。

借地権住宅の買取・詳しくはこちらから

その他の買取に向いている一戸建て住宅の一例
  • 再建築不可住宅
  • 庭に大きな樹木が生えている家
  • 騒音問題など、近所にトラブルを抱えた住民が暮らす一戸建て住宅

一戸建て住宅の買取・ご相談事例

上記はあくまで一例です。どのような一戸建て住宅も、まずはお気軽にお問い合わせください。専門のスタッフがお話を伺います。

不動産買取MAX・一戸建て住宅買取サービスの流れ

高額買取にはコツがあります。当社へご依頼いただくことで、お客様ご自身で交渉するよりも遥かに高い金額を引き出せます。

img_flow

当社の不動産買取の流れを詳しく見る

中古一戸建て住宅専門の業者に依頼するメリット

売りたい家がとても古かったり、状態が悪いなら、中古一戸建て業者への買い取ってもらうことを強くおすすめいたします。

なぜなら、買取業者は「物件に手を加えて再販する」ビジネスモデルなので、古さや状態は問わないからです。その結果、業者が良い物件だと評価すれば、すぐに成約の意思を示すでしょう。

一方、売却仲介は「古さ」「状態の悪さ」は大きなデメリットに映ります。なぜなら、売却仲介のお客様のほとんどは、ご自身のお住まいを探されている方々なので、もし物件が古かったり、状態が悪い場合は、ご自身がお金を用意して修繕する必要があるからです。

しかし、そのような手間とお金をかけずとも、市場にはたくさんの物件があるので、別の物件へ興味が移ることでしょう。

また、強度が不足していたり、補修が必要になる物件は、後々リスクが生じる可能性もあるため、購入へ踏み切りづらいことも多いのですが、業者がしっかりとメンテナンスをした中古物件であれば安心して購入する事ができ、スムーズにお引き渡しまで行える可能性があります。

中古一戸建て住宅買取業者の査定方法

戸建専門業者は、築年数や市場性をふまえながら、どこまでリフォームをして、いくら位の価格で再販ができるのかを見極めて買取価格を算出します。

この時、私たち不動産買取MAXは、お客様の物件より高く買い取ってもらえるように、業者へ査定交渉を行ってまいります。複数の業者に査定をお願いし、調整を行います。

不要品を残したままで、お引越しOK!

不用品を無料処分します
買取であれば、業者との交渉次第で家具や家電等も含め、荷物を置いたままのお引き渡しも対応していただける場合があります。したがって、ご実家などの資産整理にも大変便利にご活用いただけます。もし、建物の中が荒れていたとしても、粗大ごみや不要品の整理をすることなく、そのままの状態でのお引渡しも可能です。

しつこい勧誘の心配は不要。買取業者が確定するまで、お客様のご連絡先をお伝えすることはありません。

当社の役目はお客様の物件を一戸建て専門の業者へご紹介することですが、お見積り時にお客様のご連絡先を業者へ伝えません。

そのため、「すぐにお売り下さい!」「明日までに返事をください!」のような、しつこい電話を受ける心配がありません。

また、お取引成立後も基本的には、お客様の一切のやり取りを代理人である私たちが代行してまいります。途中、どうしても業者から直接ご連絡が入ることもありますが、それは取引が成立した後の話ですので、事前にセールスを受ける心配は一切ございません。どうぞご安心くださいませ。

一戸建て住宅買取の相談事例(東京都武蔵野市・S様<仮名>)

結婚してすぐに妻と共有名義で一戸建て住宅を購入しましたが、妻の産休中に妻の勤務先が倒産してしまい、復職先がなくなってしまいました。そのため、育児をしながら、就職活動もしているのですが、中々うまくいきません。

妻は育児ストレスもあることに加え、収入がなくなったことに後ろめたさを感じていて、実際、ローンの返済プランが不安です。

そこで、まずは今の家を処分し、仕事が見つかり、落ち着くまでの間は賃貸暮らしをしようかと思ったのですが、売却手数料を用意する余裕もありません。業者買取であれば、初期費用を用意しなくても良いのでしょうか。

S様と同じようなご相談と同様に、お勤め先の倒産やリストラがきっかけとなり、ご自宅のご売却について多くのご相談が寄せられます。

収入が変わるタイミングでの不動産売却はローン返済の延滞を防ぐ必要があるためにも、1日でも早い売却をおすすめいたします。

当社ではお客様の心的ストレスを少しでも早く軽減できるよう、最大限のサポートをいたします。仲介手数料も最大無料ですので、より経済的なサポートをご提供できます。ぜひご利用ください。

一戸建ての買取相談はこちらから