売り出し後、1年以上経過したのに売れないマンションの買取

img_3043

神奈川県横浜市・マンション一戸(2LDK)買取相談

大手不動産業者に専任専属で売却仲介を担当してもらっているが、成約に至らず、1年が経過してしまった。売却がうまくいかない要因のひとつは建物の古さだと言われたことがあり、リフォームも勧められたが、費用を捻出する余裕がない。いい加減、待つことに疲れてしまったので買取業者を紹介してほしい。

長期間売却中の物件は仲介では成約しづらい傾向があります

売却後、1年を経過した物件は成約しづらい傾向があります。このことは、私共は元々、売買仲介を専門にスタートした業者ですので、実際に肌で感じています。

一定期間経過した物件が売れない理由は様々であり、物件価格(相場とのバランス)・物件の状態(古さ・使われ方)・立地(利便性・周辺環境)などが原因として挙げられます。

また、いつまでも成約に至っていない物件というのは、そのエリアで物件を紹介したい業者であれば、業界内で使用しているREINS(レインズ)と呼ばれる不動産データベースを見れば自然と覚えてしまいますので、「この物件はいつまでも売れていない。何か理由がありそうだな。」と疑い、お客様にご紹介はしない傾向があります。

したがって、売り出し期間が長ければ長いほど、仲介では成約しづらいということになります。

買いたい業者を探し当てれば、即現金化できるのが買取の強み!

どんなに物件が古くても、リノベーション業者が購入すれば、新築並みに作り変えて再販をすることが出来るため、お客様は即座にマンションを手放せます。

また、マンションをご自身でリフォームされることを検討している場合も、少し立ち止まって考えていただきたいです。マンションのリフォーム費用は高額となりますので、その金額を負担することを考えると、買取業者へ安めの値段で売ったとしても手元に入る金額は同等になるケースが実は多いです。

不動産買取のデメリットとして、物件価格が安くなることが挙げられますが、売却価格にこだわりすぎて何年も仲介で売り出すよりは、即座に売れる業者買取は何よりもストレスフリーです。いつまでも成約に至らないマンションをお持ちの場合は是非、ご相談くださいませ。

このページをご覧の方にはこちらの記事もおすすめ致します。

0120-97-2139

不動産の買取ならおまかせください

不動産買取のご相談はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ