買取と売却では、どちらが「早く」売れますか?

価格よりも即金性を求めるなら「買取」がオススメです

不動産買取と売却仲介とを比較したとき、大きな差があるのが現金化までのスピードです。

不動産買取は最短3日~1週間ほどでお振込可能ですが、売却仲介の場合は早くても3ヶ月ほど要することが多く、場合によっては1年以上かかるケースもあるほどです。

買取 売却仲介
スピード 早い 遅い
価格 安め 高め(相場に準ずる)
仲介手数料 最大無料(当社の場合) 高め(物件価格に準ずる)

なぜ、ここまで現金化までのスピードが違うのか。それは両者の売り方の違いが挙げられます。

現金化までのスピード -売却仲介の場合-

まず仲介会社が一般の個人客へ向けて、Webや折り込み広告などに物件広告を出稿し、担当業者に入る電話・メール・来店を通してリアクションを待ち続けます。

この時点で人気が出る物件の場合は、速やかな売却が期待できますが、物件が古い・立地が悪いなどの人気が出づらい物件の場合は、なかなか問い合わせは入りません。

また、相場を基準に考えたとき、相場に対して販売価格を高めの値段で設定してしまうと、やはり問い合わせ率は下がります。

もし、問い合わせが入りづらいとリフォーム工事や価格の見直しなど、問い合わせ率向上のために施策が必要です。そして、そのたびに時間を要しますので、ますます月日が経過してしまいます。

その後、晴れて成約に至ったとしても買主のローン審査期間が必要な場合には、さらに時間がかかりますので、なかなか現金化にたどり着けません。

売却の場合、目安としては最短三ヶ月。長いと1年を超えるケースがあることも考えられますので、ご注意ください。

現金化までのスピード -買取の場合-

買取では、直接買取業者が購入するのでその場で売却の可否を判断することができます。

査定額=買取金額であるため、物件を売りたい方が納得すれば、すぐに契約の手続きへ移ることが可能に。

また、支払いに関しても、常に資金や融資枠が準備されているため、入金までの待ち時間がありません。

そのため、売主・買主双方が合意すれば、最短3日~1週間程度で物件を現金化することができます。

不動産をすぐに売りたいなら「買取」をおすすめします

物件価格よりも成約スピードを求めるなら、不動産買取がおすすめです。

不動産買取MAXなら、資金力豊かな買取業者とだけお付き合いをしていますので、よいスピーディーな現金化が期待できます。

このようなご希望がお有りなら、ぜひ私たちへご相談くださいませ。

  • ローンの返済が苦しく、すぐに現金化したい
  • 離婚するので速やかに家を売って慰謝料にあてたい
  • 待つことがストレスなので、価格よりも成約までの早さにこだわりたい
  • 売却仲介で売り出したが、まったく売れない。買取に切り替えて早く終わらせたい
  • 実家を相続したので手続き上、早く売りたい
  • 転勤するので、引っ越し準備のために今すぐ売却したい

不動産の買取相談はこちらから