「売れない物件の買取相談事例」の記事一覧

仲介業者へ相談後、半年間売れない家の相談事例

売却後、半年以上経過した不動産は成約しづらい傾向があります。「売れ残っている」印象が強く残り、不動産業者も積極的にお客様に紹介したがらない心理になります。内覧も入りにくいご状況なら、ぜひ買取をおすすめします。現在、仲介業者と専任契約中の場合でもご相談可能です。

実家が売れないので買い取ってほしい

ご実家は築年数が古く、荷物が多い傾向があるため、ふつうの売却仲介では売りづらいが実情です。しかし、不動産買取MAXでは、古い家屋の買取業者と提携しており、スピード売却へ向けたサポートをいたします。親御様とのご同居や介護施設へのご入居をご希望のケース、相続した古家の売却相談も承ります。

不動産買取保証金額が安すぎる

不動産売却ご検討中に、仲介業者から「買取保証があります!」と言われて安心していませんか?もちろん、保証であることに間違いはないのですが、問題はその価格。驚くほど、安い場合がほとんどです。当社なら同じ不動産買取でも、すでに提示された買取保証金額よりも更に高い金額を引き出せる可能性がございます。

売却中の不動産が売れない方の相談事例

売り出し後、半年以上経過した物件はこれ以上、売却市場に流通させるよりも買取で速やかに手放してしまうことをおすすめします。内覧の申込みが入らないような状況なら尚更でこれ以上待っていても、あまり良い結果を得られない可能性が高いです。買取は売却と比べて価格が安くなってしまいますが、確実に売れる方法をお選びいただく方がよろしいかと存じます。