がけ地の場合

当社は崖地を高く買い取る業者と提携しています

不動産買取MAXでは、崖地の土地・建物の買取も喜んで承ります。

崖地のような強い個性のある土地は、専門の買取業者へ相談することが最重要。想定以上の買値が付く可能性が高いです。

一般的に崖地は購入するにはリスクが大きく、住むこともできない印象がありますが、それは違います。

技術力のある会社がしっかりとした工事を実施すれば、新たな価値を生み出し、発展していきます。

そのため、崖地の加工が得意なマンション開発業者、太陽光ビジネスを展開している業者など、崖地を数多く買いたいと望んでいる会社はとても多いです。

このような「崖地をたくさん探している」業者へ向けてお客様の不動産をご紹介し、高額買取を実現します。ぜひご相談くださいませ。

崖地を高く買い取る業者と多数提携しています

当社は、崖地のような個性の強い土地に特化した買取業者と多数提携。

崖地のお取り扱いをもっとも得意としている業者と連携を図っているため、お客様ご自身で業者を探す手間はございません。

また、「崖地を高く買い取る専門業者」を数多く存じているだけではなく、どこよりも高い買取額へ向けて交渉することが可能です。

この「価格交渉術」は、長年不動産売買仲介業や任意売却業を営んできた不動産買取MAXならではの強みであり、一括査定サイトでは実現できません。

もし、すでに他社や一括査定サイトで査定を行ったお客様もぜひ一度、当社で査定を行っていただくことをオススメします。その価格差に驚かれることでしょう。

また、買取業者との連絡・取引はすべて当社を通して行いますので、専門的な知識は一切不要。

お客様のご連絡先は買取業者へ通知いたしませんので、執拗なセールスの心配もございません。

実は不動産取引は想像以上に確認事項が多く、お忙しいお客様には時間的なストレスが発生することも。

しかし、当社へご依頼いただければ、お取引の多くを私たちが代行できるため、効率よく崖地を売ることができます。

崖地買取エージェントサービスの仲介手数料について

不動産買取MAXの仲介手数料は、以下のような料金形態となっています。

買取価格当社へお支払いいただく買取仲介手数料
800万円超仲介手数料無料¥0
400万円超800万円以下正規仲介手数料(※)の半額
400万円以下正規仲介手数料(※)

※正規手数料とは宅建業法に基づき、算出される「成約価格の3%+6万円+消費税」となります。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。手数料に関するご質問のみでも喜んで承ります。

料金に限らず、すべてのお取引における仕組みは、きちんとご説明をいたします。

難しい専門用語は使わず、どなたにもわかりやすい言葉でご案内することを心がけていますので、どうぞご安心くださいませ。

また、ご来店が難しい場合は訪問やお電話でのご相談も承ります。私たちはお客様のライフスタイルを最大限尊重いたします。いかなるご要望も、どうぞご遠慮なくお申し付けください。

このような場合はぜひご相談くださいませ。

  • 荒れたままの土地を売りたい
  • 長年売れないままの傾斜地の土地を買ってもらいたい。
  • 安全性に不安な崖地を所有しているので、手放したい。
  • 伐採しないままの木が大量にあるが、丸ごと買い取って欲しい。
  • 山林地帯にあり、買い手が到底見つかりそうにないので、安くてもいいから買って欲しい。
  • 何年も雑草のメンテナンスがされていない崖地の土地を売却したい。
  • 現在の自宅から遠く離れた場所にある不動産を整理したい。
  • 活用できそうにない土地を複数持っているので、一括で売却したい。

不動産買取なら、手入れをしていない崖地でも、まったく問題ございません。たとえ、土砂崩れが起きているような状態もご心配不要。崖地の整備を得意としている業者と提携していますので、一見、売ることが難しい崖地も問題なく造成できるケースがほとんどです。

所有中の崖地が遠方でも問題ございません。当社がお客様専属のエージェントとなり、「高額買取」への交渉をいたします。ぜひ一度、お問い合わせ下さいませ。

崖地は「売却」よりも「買取」を強くおすすめいたします。

山の多い日本では、当然崖地も多く存在します。

崖地とは、宅地として使用できない斜面を指し、自然によるもののほか、宅地造成の切土、盛土などによってできる場合もあります。

地盤の弱い敷地や地すべりなどの災害の危険性が認められる場合には、コンクリート擁壁で補強する必要があります。

このような特性を持つことは、不動産取引では一般的にデメリットとみなされ、広告でも明示が義務化されています。

不動産取引の際、「崖地については平地のおまけと見なされほとんど値がつかない」といったケースもあるようですが、より高額な売却を希望するならば、不動産買取MAXにご相談ください。

崖地の途中に階段があって自動車で入れないような土地であっても、そのような土地の扱いが得意な投資業者、建売業者や、造成により宅地化・販売が可能な開発業者などが存在します。そのため、より的確且つ、高額での買取額を引き出すことが可能です。

また、崖地であっても固定資産税は平地と同じように課税されるので、個人がそのまま崖地を持ち続けるのは負担となるものですが、場所によっては、ホテル周辺の景観保全のために既存ホテルが買い取るといったケースもあるようです。ポイントは、その物件に価値を見出すことのできる売却先を見つけることにあります。

崖地の買取相談室

お客様からお寄せいただいたご相談を紹介いたします。(ご本人様より掲載許可をいただいています)

台風被害に合った崖地の買取も行ってくれますか?(神奈川県横須賀市・M様)

30年ほど前に山の高台に開拓されたニュータウンに、一軒家を購入しました。

自宅はひな壇状になっている盛り土の土地に建っていますが、数年前の台風で隣家の境界の崖が崩れてきました。

自宅の敷地内の崖であるため修繕義務が私の方にあるのですが、費用が多額のためになかなか工事することができませんでした。

しかし、先日隣から安全保持のための工事をしないならば、裁判も持さないと言われ、行政からの指導も勧告されました。

家族と相談したところ、自宅の売却をして引っ越し、修繕は買主にしてもらおうとの意見になりました。このような場合でも、買取ってもらえるでしょうか?

買取担当・川口より回答いたします。

山の手と言われる高台は眺望が良いため人気があるのですが、開発時に盛り土や切り土などの整地をします。

その際、隣との境になる段差や崖を養生するのですが、雨などの大水で地盤が緩んだり、盛り土と切り土を両方した土地では境目で地滑りが起きたりすることがあります。

こういった場合、自分の敷地内だけでなく、隣にまで影響を与えることが多く、近隣トラブルの元に。

しかし、造成工事となると数百万円の費用が掛かることも珍しくなく、場合によっては数千万円かかることもあり、なかなか修繕できないのも理解できます。

そのため、売却しようとしても、購入金額以外に工事費がかかることで敬遠されたり、「崖崩れが起きる危険な土地」と思われたりして、販売価格をいくら下げても買い手が見つかりません。また、梅雨や台風などで大雨が降るたびに、不安な気持ちになると思います。

しかし、造成工事技術のある不動産業者ならば、買取った後自社で工事・改装をして販売しますので、質問者様のような不動産でも買い取り対象となります。

弊社ではネットワークを活用して造成工事が必要な物件を専門に買取っている会社と連携し、スムーズな売却と買主に納得いただける買取金額を実現いたしますので、ぜひご相談くださいませ。

不動産買取MAX・崖地買取エージェントサービスの流れ

img_flow

崖地の買取相談はこちらから