狭小宅地とは

特に都心部の住宅デザインとして注目度が高いのが、狭小宅地を活用した建物です。「狭小住宅」とも呼ばれています。

十数坪~20坪ほどの土地を「狭小地」と呼び、場合によっては「住宅地に向かない」として買い手がつきにくいものです。

狭小宅地の買取業者をご紹介いたします

しかし3階建てなどを得意とする建売業者や、コンセプト住宅の企画が得意な不動産買取業者であれば、狭小宅地を買い取って、自社のノウハウを活かし、建蔽率、容積率の範囲内で十分にニーズに応える住宅を建てることができます。

その結果、土地に付加価値をつけて再販売することが可能になるのです。

住宅売却の体験談でも、狭小・変形地を仲介で売りに出したものの1年近く買い手が見つからず、不動産買取業者に打診してみたところ、狭小住宅建築を手がける9社の見積もり、競合のうえ、なんと相談から3日後には、納得できる金額で売却することができた、という話があります。

狭小宅地を活かすことができる買取業者は、地域密着の地元の建売業者もいれば、上場企業などの建売部門、狭小地の扱いに特化している会社など、その規模も業種も様々です。「土地が小さすぎて売れないかも」と悩んでいるなら、不動産買取MAXにぜひご相談ください。

狭小住宅の買取・よくあるご質問

敷地8坪ほどの狭小物件です。可能であれば、売却したいと考えていますが、このような物件でも大丈夫ですか?

はい。是非、不動産買取MAXへご相談ください。狭小住宅をメインで探されている買取業者と提携していますので、まずは当社が窓口となり、お客様の物件についてお伺いいたします。想像以上の高額査定が引き出せるケースもありますので、ぜひ一度お話をお聞かせください。

実は狭いだけではなく…隣の家と繋がっている物件なのですが、それでも、買い取ってもらえるのでしょうか?

まずは、物件の特徴を詳しくお伺いし、図面など資料がありましたら、ご提出のご協力をお願いしています。家が繋がっているなど、個性のある物件についても、そのような特徴を得意としている業者とも提携していますので、一度詳しくお話をお伺いできればと思います。

ありがとうございます!でも…価格を聞いてから、お断りするかもしれないのですが大丈夫ですか?

まったく問題ございません!大切な資産ですから、売却価格にはこだわりたいですよね。まずは一度、査定をご利用いただいてから、ご家族のみなさまとご検討ください。

安心しました!それでは、ぜひご相談させていただきますね!